エコ家電選びはデザインの良さも大切なポイント

掃除機においては、いかに早く掃除を終えられるかでエコ家電を見ます。サイクロン式は吸引力が持続で終えられます。

エコ家電では吸引力が持続するサイクロン式掃除機

エコ家電選びはデザインの良さも大切なポイント
ほうきを使って庭の落ち葉を掃き掃除することを考えます。このとき、最初のほうは体力があります。ですから、どんどん落ち葉を集めることが出来ます。10分ほどで終るのであれば、最初から終わりまで同じ位の力で出来るでしょう。それが30分や1時間くらいかかるものになると前半と後半ではかなり体力差が出てきます。そうなると効率も悪くなります。前半10分くらいで出来たところを20分くらいかかるなど、より時間がかかることがあります。

掃き掃除の場合、人が行いますから電気を使うわけではありません。もし電気で電気のことが起こると、後半は効率が悪いことになります。でも同じだけの電気を使っているのです。掃除機でいいますと、最初と後半で吸引力が変わることがあります。吸引力が良いときはどんどんごみを吸い取ります。でも悪くなればごみを吸い取ってくれません。その分時間がかかります。でも電気は必要になります。パック式の場合にこのようになることがあります。

エコ家電になるのであれば、吸引力が持続されるのが望ましいです。サイクロン式の場合、吸引力が最初の方と後半とであまり変化がないといわれています。ごみを別のところに集めるので、吸引する部分に影響を与えにくいことがあります。その分早く掃除を終えることが出来ますから、同じだけの電気を使っているなら、早く済む分電気料を使わなくて済みます。急に吸引力が落ちればわかりますが、徐々にです。サイクロンなら常に高い吸引力です。

関連記事・情報

Copyright (C)2017エコ家電選びはデザインの良さも大切なポイント.All rights reserved.